青子は20代後半辺りから
お金のことで頭がいっぱいで
未来の自分のことが不安で不安で仕方がありませんでした。

貯金がない…将来どうしたらいい…
母と叔母の老後面倒みれるだろうか…
ボロボロの実家引き継いだとしてもキチンと管理できるだろうか…
世の中の同世代はどれくらい貯金してるのだろうか…

若い世代の人達は将来年金が貰えるかどうか分からないし…
貯金がない状態で働けなくなったら…
祖母・母がなった糖尿病に私もなって
将来2人みたいに自ら毎日インシュリン注射を打たないといけないのだろうか…


色々考えてるうちに不安に押し寄せられて
頭がパーンッッ\(^o^)/ってなってました。


見えもしない未来のことに不安になり過ぎて
あれこれ振り回されるのはよくない傾向です。

じゃあどうすれば その不安がなくなるのか?

とにかくノートに自分の不安なことを書き綴りました。
不安な案件を書き、それにはどのようにして対策していくかも併せて書きます。
IMG_4395
書き綴った結果…
その殆どがお金で解決できることが分かりました。笑


それさえ分かればあとは簡単。

最低限自分の老後(65歳以降)の生活に
いくらお金があれば安心出来るか逆算してみることです。

・贅沢な生活は必要ない
 →衣食住が守れる生活水準

・最悪のパターンは考えない
 →震災や高額医療費がかかる等

これらを考慮したうえで
青子の場合大きな災害に見舞われず健康に生きたと仮定して

65歳以降の生活費は
【1ヶ月15万+@で年金】があれば十分だと思われます。

15×12ヶ月=年間180


青子は何歳まで生きられるか分かりませんが

85歳まで生きるとして


年180×20年=3600

極論になりますが 65歳までに3600万手元にあれば

そこまで不自由ない生活ができます。


これに+@で年金もあるので
もっと余裕が出来ると思えば心も軽くなります。


じゃあこの3600万を65歳まで貯めるためには

今からどれくらい貯金すればいいのか?
  

現在33歳の青子は定年60歳まで 残り27年
 もちろん退職後も社会と繋がりを持っていたいので時短でパートはし続けたいですが
今回は仮で勤労は60歳までとします。
 

3600万÷27年=年間133万貯金


年間133万÷12ヶ月=毎月11万貯金

今から1から貯金をするとしても
月11万貯金すれば
60歳には3600万貯めることは可能
です。


なんなら今現在760万持っているので
ざっと60歳までに3000万貯めようと考えると
月93,000円貯金でも可能なんです。


将来の自分の為に月10万程貯金すれば
残りは今の自分の生活の為に全額使っても良いと思えば
かなり気が楽になりませんか?


全額使うというのは
高い家賃のマンションに住むとか
ブランドバッグを買い漁るとかの贅沢費ではなく

趣味などの自己投資

住み心地をよくする為のリフォーム
家族の治療費や介護費などに費用を充てることができるということです。

しかも今なら
実家暮らし!子なし!2馬力!という
最強の布陣なので

一般的には少ない手取りでも
貯金するにはかなり有利で幸せな状況だということ。


むしろ「何を不安がってんだ青子!!」と喝を入れたくなりますね。( ゚Д゚)

人生は1度きりしかないし
今この瞬間も時間は残酷にも過ぎていきます。

ゲームのようにリセット出来ない人生だからこそ
先の不安に押しつぶされて、貴重な今を無駄にしないよう

未来を逆算して、今生きる自分を大切にしてあげることが大事です(。・ω・)ノ゙


スポンサードリンク