お金の価値観は人それぞれ
前回の夫編はこちら


今回は お金の価値観「妻 青子編」になります。

倹約家な夫に比べ、ケチな割りには貯金が出来ていなかったダメ女青子。
でも最近はお金のかけ方のメリハリが分かってきて貯蓄力もぐんぐんアップしております。

①自分のモチベーションを上げるためにも美容費は惜しまない
エステ〜とか
月1美容院でトリートメント〜
とかではありませんのであしからず。

青子は10代は肌悩みがなかったものの、20代に突入し大人ニキビに悩まされていました。
それは30代になってからも季節の変わり目や生理前に顎周りにできる大きな吹き出物に
鏡の前でため息をつき、皮膚科で処方してもらって薬も塗布し、ファンデーションを塗りたくってました。
そんなある日、@コスメショップでアルビオンのBAさんに肌診断をしていただき
青子の肌悩みや現状にあった商品のサンプルをもらい
とりあえず1週間試してみたら、本当にびっくりするほど肌の調子がよくなったんです。
即お金を握りしめて、サンプルでもらった商品を買いました笑
三└(┐卍^o^)卍ドゥルルルル

IMG_3879
青子の神スキンケア

肌が綺麗になる毎朝鏡を見るのが憂鬱じゃないし、化粧も楽しい
すっぴんを旦那に見られても気にしなくなって、
毎日がとても輝いて見えたのです。

でもやっぱり乳液7000円に化粧液13,000円は中々にハードルが高い。
青子は使い切った後にまた普通のスキンケアに戻しました。

そして1ヶ月後… また吹き出物が出てしまう日々に逆戻り。
その後も様々なスキンケアを渡り歩くも、結局はまたアルビオンに戻りました。
肌はいつも自分史上最高に調子が良くて、
下地にフェイスパウダーで済むので=結果コスメを買う量も減り
美容費がグンっと上がることもありませんでした。

そして何より
私が精神衛生上明るく元気でいるためには
このスキンケア達は必要経費だと思っています。

上記の理由でもう1つ それはネイルです。

青子の爪はめっちゃくちゃ薄くて
爪が指の先から出た瞬間 2枚爪になって割れたり剥けたりします。

初めて行く店で「ネイル歴長いんですか?」
とネイリストさんに聞かれる程、とても薄いらしいです。

今までネイルハードナーやオイルや色々やってきましたが
家系的に爪が弱いみたいで改善しません。
いつも深爪で、女性らしい指先に憧れておりました。

今は事務職なのでネイルができる環境なのもあり
ここ最近は正社員に昇格したので、
仕事のモチベーションを上げるため
1月よりネイルサロンに通いジェルネイルをし始めました。
IMG_3876
2ヶ月目だと爪もここまで伸びてきました♪
まだまだ短いけど、少しは女性らしい手元に慣れた気がして
所作も女性らしくなった気がします笑

ふと仕事中手元に目が行くとツヤっとした爪に元気がもらえます。

仕事着は制服化して被服費を抑える
昔はシーズン毎に洋服を買い漁り、流行りの服や小物に囲まれて
部屋に物がどんどん溢れ、お金も全然貯まらない青子でしたが

安くても高くてもベーシックな洋服を買い、長く着倒す夫の影響で
徐々に洋服のベーシック化が止まらなくなった青子。

雑誌の特集とかでも「1週間着回しコーデ
なんてワードが出ているくらいなのですから
世間的には上手に着回すのを勉強したい人が多いのでしょう。

青子の会社は制服ではなくオフィスカジュアルを推奨しているので
【袖なしや透け感のあるトップス、ジーンズ以外はOK】で比較的緩い規則です。
初めこそ、モチベーションを上げるために可愛い服を着て行ってましたが

今ではトップス7点、ボトムス4点で着回して、
これらを「会社用の制服」と思って着ています。

青子は「トップスをシンプル/ボトムスを華やか」OLコーデが好きです。
雑誌なら美人百花とかすっきー

ボトムスを変えれば意外と印象が変わるので
華やかさのあるボトムス1つか2つ持っておくのもオススメですよ♪
IMG_3889IMG_3890
お気に入りのジャスグリッティーのスカート

なんてつらつら書いていたら
めちゃくちゃ内容が長くなったので、続きはまた今度!( ・`ω・´)

>>続く








 
スポンサードリンク