今回は基本の家計簿の




③夫婦で使うお金(夫婦費)
についてご説明致します。

以前、大まかに[夫婦費70,000円]の内訳は

夫:小遣い…20,000円
夫:無呼吸症候群 機械リース代…10,000円
青子:小遣い…20,000円
デート費(土日外食費・ガソリン代)…20,000円

と載せましたが、詳細を書きますと

まず③夫婦費は 青子の手取り18万円 から捻出しております。 

ちなみに
・朝食
・昼食(夫は給与天引き社食があるので、青子のみ)
・土日の昼食、夕食
・夫婦で使う洗濯洗剤などは 
私達夫婦のお金[今回の③夫婦費]で賄っております(*・v・*)/


夫婦費は
まず、夫に無呼吸症候群の機械(寝るときに付けるやつ)リース代として10,000円、
お小遣いとして20,000円の
計30,000円を現金で夫に渡しております。

そしてデート費に分けられている20,000円を
夫婦兼用財布にいれます。
IMG_3801
昔夫が勤めていた会社のビンゴ大会で当てた財布らしい(よく見たらDAKODAの財布でした)

IMG_3802
この様にL字ファスナーなので開けやすく、とっても薄くて持ち運びに便利!

IMG_3803

後ろにもファスナー付いてますが、使い道なしw

IMG_3804

カード収納も沢山あります。
小銭は真ん中の小銭ポケットにいれます。


こちらのデート費が入ったお財布は
夫婦で外食した時
夫婦で使用する日用品を購入する時

あとは夫にお遣いを頼む時も
このお財布をポンと渡して買ってきてもらったりします。(*・v・*)

個人用財布で支払わせると、
後で「この間買ってきた〇〇円ちょうだい〜」と請求された時
お金を用意するのがすこぶる面倒くさいからw



1ヶ月20,000円 この財布でやりくりして
余ったら別口で貯めてる緊急用貯金へスライドして
→財布にデート費20,000円補充。という流れです。

基本使い切ってよし!余ったらラッキー♪
くらいに思ってます(*´∪`)


これを前提に
青子がオススメしたい節約方法として

使い切ってもOKな予算を組む事がストレスなく節約できる方法の1つだと思いました。


「今月は〇〇円使っちゃった〜…orz」
「来月は節制しなきゃな。」

など家計簿を記入してて後悔したり
プチストレスを感じることがないです。

勿論、きちんと事前に予算を組む事が前提の話ですので

まずは無理のない予算組立
家計の棚卸を行うことが条件となります。


最初は大変ですが
きちんと予算分けさえしてしまえば

後は予算内で好きなだけ使えばOK!!

と、かなり気持ちが楽になると思います(*・v・*)/


予算組立と家計の棚卸については
また後日どこかでお話しましょう〜
スポンサードリンク